宿泊場所を決めるポイント

宿泊場所を決めるポイント ブライダルで参列者が前泊する必要があるときには、宿泊施設を用意することが当たり前です。特に、遠方から参列される方に対しては、ホテルなどを用意する必要があります。また、お式が午前中からスタートする場合、場所によっては予め宿泊場所を用意しなければならないのです。そんなときには、披露宴を行うホテルとセットで予約をしてしまうことでコストを抑えることができます。ホテルはブライダルの式場でもよく利用されることから、そのことを考慮に入れてブライダルプランを用意しています。ホテルと式場を別で準備するという方法もありますが、余計に費用がかかってしまうため、できるだけセットで準備することが予算を押さえることに効果的です。予算について気になることがあれば、スタッフの方に質問をすることができますし、予算内に収めたいという旨を伝えておけば、ブライダルプランナーがなんとかやりくりをしてくれるため、式場とホテルは同じ場所がお得です。

遠方からのゲストの負担は軽く

遠方からのゲストの負担は軽く ブライダルでは、遠方からゲストが駆けつけることも多いと思います。せっかく遠いところから駆けつけてくれるのですから、出来るだけ負担は軽くしたいものです。そのためには結婚式場選びが、非常に重要になります。新幹線や飛行機などを利用することが多いので、駅から近いなど交通アクセスに優れた場所を選ぶ必要があります。どうしても駅から離れた式場でブライダルを行う場合には、迎えの車やタクシーを手配するなど配慮が必要です。
それから用意した引き出物が重かったりすると、電車などで移動する時に大変になってしまいます。引き出物はできるだけ軽くかさばらないものを選ぶようにしましょう。引き出物の宅配サービスなどを利用するのもおすすめです。また、夕方など遅い時間から始めると、その日のうちに帰れなくなってしまうこともあります。ですから午前中のような早い時間帯に行うようにしたり、ホテルなどの宿泊施設を手配するといった配慮が必要です。